読書の価値観とその形成過程―カフェ空間で読書 読書ろ言わ

読書の価値観とその形成過程―カフェ空間で読書 読書ろ言わ。前の方の書かれてるように、ドラマや映画の原作、または漫画含めてノベライズ。本読め 読書ろ言われます読んだらいいか 読みたい分野興味関心ありません 読んだらいいか 読書の価値観とその形成過程―カフェ空間で「読書。インタビューを書き起こし。①読書に関する発言を抽出する②読書か否かを決定
してい る要素を見出して読んだ方がいいなって思っていますけど。でも
ほんとに読む人って言われたことはないんですけど。でも。私がすごい本を
読んでいるのを喜んで るってのはもっかい読んだら面 白さが分かる

前の方の書かれてるように、ドラマや映画の原作、または漫画含めてノベライズ。好きなスポーツに関する小説かノンフィクションでも。とにかく、「興味のあるもの」に関する小説やドキュメンタリーから、どうでしょうか。例えば、もしも主さんが野球がお好きなら、定番ですが山際淳司さんの「江夏の二十一球」とか。探せばいろいろありますし、もしも探せなかったら、「こういうジャンルの本はありませんか」とこちらで再度質問してみたらいいと思います。どうせ読まないでしょうけど、小説だと『夏子の冒険』三島由紀夫『三島由紀夫レター教室』三島由紀夫『太陽の季節』石原慎太郎を挙げておきます。教養本だと『経済学的思考のセンス』大竹文雄『怠け数学者の記』小平邦彦『経済と人間の旅』宇沢弘文を挙げておきます。そうであれば自然科学の本、又は社会問題の本を読むのが良いでしょう。これは頭の鍛錬や釈迦に生きていくために知らなければならないことです。興味も関心もないのであれば、無理に作らず、生きるために必要なものを読みましょう。小説などは暇つぶしなので、興味がなければやらなくても良いです。古典作品を読むというのであれば別ですが。毎日乗っている電車やバスがなぜ動いているのか、なぜ天気はこのように移り変わるのか、猫の体はなぜ魚や昆虫と違うのか、薬はどうして風邪に作用するのか、そういうことを知りたいと思いませんか?何に関心を持っているのかな?この感じだとスマホ依存症の様だから志驚晃「スマホを落としただけなのに」とその続編「スマホを落としただけなのに?囚われの殺人鬼」をどうぞ誰に言われるのでしょう?とりあえず、ドラマや映画で面白いと思ったものの原作から始めてみるなど、いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です